〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目31番10号 リンクス名駅ビル6F

営業時間:月〜金 午前9時~18時
定休日:土日祝日 ※定休日も事前にご予約があれば対応します

無料電話相談(初回)実施中

お 気 軽 に お 問 合 せ く だ さ い

相談事例

相談事例

こちらでは弊社が今までに手がけた事例をご紹介いたします。

お役に立てれば幸いです。

 

事例のご紹介

問題がスムーズに解決

1.認知症の母の居住用不動産売買

施設に入居した認知症の母の居住用不動産を売却して、施設費用に充てたいのだけれども、どのように手続きを進めたらよいかというご相談に対し、成年後見人を選任する手続き、居住用不動産処分の許可申請、不動産業者との契約書の特約条項チェックなどのお手伝いをいたしました。

 

問題がスムーズに解決

2.未成年者への法定相続分の確保のない特別代理人選任

妻が急死してしまい、夫と未成年の子が残されたという事案。

自宅の妻名義である持分2分の1をすべて夫名義にしたいが、どうしたらいいかというご相談に対し、子供のための特別代理人選任申し立て手続きをお手伝いしました。

通常ですとその場合の遺産分割案は、最低でも子供の法定相続分は、確保しなければなりません。

しかし妻の相続財産が自宅しかなく、その自宅に住宅ローンの抵当権が設定されているような事案だったため、上申書を提出し、夫が妻の相続財産すべてを相続する遺産分割案を、裁判所に認めて頂きました。

問題がスムーズに解決

3 DVで離れて暮らしていた夫が死亡したので、6か月たったが相続放棄したい

DVがひどく離婚にも応じてくれない夫から、10年前に子供と逃げ出して暮らしていた。
ところが、突然
役所から夫が6か月前に死亡したと連絡があった。

借金癖もあった夫の事なので、このままでは自分と子供が借金を引き継ぐことになるのが心配になり、2人同時に相続放棄をしたいというご相談。

3か月経過後の家庭裁判所への相続放棄の申し立てとなったが、上申書を作成し提出した事により無事受理していただきました。

問題がスムーズに解決

4.父が亡くなって相続手続きの為、腹違いの兄に手紙を送り、遺産分割協議書に無事実印で押印してもらった

父が亡くなって相続手続きを進めようとしたところ、腹違いの兄がいることを初めて知った。
もちろん会ったこともないし、どこに住んでいるか、どうやって調べたらいいのか、途方に暮れてのご相談。

銀行の口座凍結の解除、不動産の名義変更等たくさんの相続手続きにお兄さんの実印による押印が必要になります。

調停手続きも覚悟していましたが、お兄さんには、誠意のこもった手紙に納得いしていただき、遺産分割協議書に実印での押印をもらうことができました。

 

その他のメニュー

こちらのページでは法律相談においてよくあるご質問をご紹介しています。

こちらのページでご紹介するサービスを展開しています。

こちらでは弊社サービスのお問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

052-856-9551

営業時間:月〜金 午前9時~18時
※土日祝日も事前にご予約があれば対応します

 無 料 電 話 相 談
    実    施    中  

お問合せはお気軽に

052-856-9551

まず電話で相談したい!」との要望が近年とても増えてきたので実施しております。
込み入ったご相談で面談が必要な場合であれば、その都度ご案内させていただいております。
*外出中の場合は事務員にお名前・電話番号をお伝えください。こちらから折り返しご連絡します。
*尚、メールでのお値段だけのお問い合わせはご遠慮ください。
他社へお願いいたします。

      ご あ い さ つ

志水秀道

日本一親しみやすく、
 頼りになる法務パートナーを目指しております。
お気軽にご相談ください。

      執 筆 書 籍

不動産登記と法律実務
登記官のチェックポイント
新日本法規出版

全230事例の内、私が24事例を執筆いたしました。